読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんまにダラダラしてまっせ

超個人的にだらだら書いたり書かなかったり

舞台「ノラガミ―神と願い―」ライブビューイング

1月31日18:00

行って参りましたー!!
いやはや…いやはや…
原作の予習は軽くして見に行きましたが、
とにかく「カッコイイ」演出でした。
でも予習しといて正解だったなぁ、という印象ww
そもそも原作ありきですからね、それは仕方ない。
まぁそんなことより、そんなことより。

拡樹さん、すごい。

この一言でしたね、終わったあと。
この世の人間じゃない…と割りと真顔で言ってしまいましたよ、本当。

前日に全くテイストの違う「幻の城」のDVDなんて見ちゃったもんで、
余計に振り幅が強烈でしたね。

さてさて内容ですが、
まぁーかっこいい。
OP・挿入歌・ED
とにかくアニメに寄せた感じでしたねー。
今回は2.2次元ぐらいでしょうか。
映像と照明がすごくうまく使われている印象でしたねー。神器が物に変わる瞬間の見せ方が違和感なくて凄い。
後はやっぱり殺陣。すごい。
コミカルと真面目も調度よいぐらいでしたねぇ。

でもライビュだから見たいとこが見れない、見にくい、というのがちょっと難点でしたけど、大阪でも見れるだけ有り難いですからね。
では、出来る限りお一人づつの感想。
拡樹さんの感想が多くなるのはご了承ください。



夜ト…まず始めに、拡樹さんのここ最近の作品では久々に低音ボイスではない役wwで、ちょっとテンションあがりました。
そんで二刀流、さすがというか身のこなしが綺麗。アクションといえば、ひよりちゃんに蹴られた時の飛び方が地味にすごい。あれは人間じゃない(真顔)とにかく、「お疲れさまです」と言わずにはいられないぐらい体動かしてましたね。
殺陣じゃなくても、夜トが基本体をオーバーに動かしてる役だったので、これは体力使うなぁ…と思いながら見てました。
にしても、久々に心底はっちゃける役で拡樹さんもとても楽しそうに見えましたww
五円玉追いかけるの可愛かった。
かっこよく、可愛く、不器用で、お茶目。とても素敵でした。
それにしても、可愛い女の子に抱きつかれたり、抱きついたり、綺麗なお姉様と言い合えるなんてなんて役得なの。拡樹さんうらやましい。←
そういえば、一緒にいったお友達が「相変わらず拡樹さんの役作りには脱帽。アニメの声とは全然違うのにその違和感を感じさせない言い回しはすごい。」との評価もいただきました。さすがです。
座長としてはカテコで誰かを弄るという力を身に付けたのか、単にわだくまに心底心開いたのかどちらか分かりませんがww板についてきたんだなぁと見てて思いました。
相変わらず楽しませてくれる、追いかけてみて良かったなぁと思わせてくれる方だなぁ。
今回も楽しませていただき、本当にありがとうございました。


雪音…植ちゃんハードスケジュールとにかくお疲れさま!!雪音可愛かったよ!
やっぱり夜トとの衝突シーンからの「唯一無二だ!!!」と夜トに言われたときの「え…?」は胸がギュッとなりましたね。ここの雪音の表情が見れなかったのが本当に残念。
夜トの相棒としての葛藤がもう本当、植ちゃんにしかこの役出来なかったなぁと思いました。

ひよりちゃん…かわいい。もう、はい。かわいい。かわいいしか言えない、かわいい。感想が雑な訳じゃなくて、かわいい。

小福…かわいい2。あんな貧乏神なら仕方ねぇと思ってしまうかわいい。でもやっぱり神様としての威厳があって、素敵。かわいい。

大黒…こんな旦那さん欲しいナンバーワン。「かみさん」といつまでも仲良くしてください、お願いします。いつまでも見てられる小福&大黒ペアめちゃめちゃ可愛かった。

毘沙門…惚れた。はい、惚れました。カッコよすぎる、綺麗美人強い可愛い。終始そのナイスバディに目を奪われてました、はい。

兆麻…やわ肌は僕が守る!!!!ヴィーナとのコンビ素敵です。本当。唯一の常識人のように見えてぶっ飛ぶととんでもないのが素晴らしかったです。そして、わだっくま、座長の無茶ぶりからの耐え抜きお疲れさまでした。ww

天神…長。って感じでしたね。エロじじい感とても最高です。そして独特の間と独特のアドリブ、さすがです。

真喩…一線!!!頼りになる綺麗なお姉さま。すごく良い人に見えて途端に厳つくなる感じ好きっす。

優流…人間でした。唯一の普通の人間でした。神様にお祈りするってそうなるよね、と。異常のように見えて、でも人間ってそうだよね、と気付かせてくれるキャラクターでした。自分も神様へのお祈りの仕方を考え直さないといけない。最後夜トたちとすれ違う時の演技は、思わず涙してしまいました。

妖メンバーの皆様…お疲れさまでした!斬られたり蹴られたり撃たれたりもう本当お疲れさまでした!!取り憑いた時の演技が好きでした。


以上、ざっとですが感想でしたー。

とにかく早くDVDでもう一度見直したい。